コニベット(konibet)は安全なの?違法性はない?過去の逮捕事例を参考に考察

コニベット


「コニベットって安全なの?」
「オンラインカジノを日本でプレイしても違法性はない?」

当記事では、上記のような疑問を解消していきます。

コニベット公式サイトの安全性や違法性について気になる方は、ぜひ参考にしてください。

コニベットが違法かどうかに関する疑問はこのページを読めば解決するわよ!

⇒ コニベット(Konibet)公式サイトの登録をご希望の方はこちらをクリックしていただければ入場できます

 

コニベット(konibet)公式サイトとは?

はじめにコニベット公式サイトについて、簡単に解説していきます。

コニベット公式サイトは、2019年11月に日本向けサービスの提供を開始したオンラインカジノです。

歴史の浅いオンラインカジノですが、今までのオンラインカジノにはなかったポップなデザインや、賭け条件の低いお得なボーナスから、早くも人気のオンラインカジノの仲間入りを果たしています。

更に、提携しているゲーミングプロバイダの多さから、常に2,500種類以上ものゲームのプレイが可能です。

ブックメーカーも搭載していることからスポーツベットも楽しめます。

日本で人気の野球やJリーグの試合にもベットできるので、臨場感のある賭けが楽しめますよ!

コニベットの人気は理解したかしら!でも、大切なのは安全性よね。次の項では安全性について詳しく見ていくわよ!

⇒ コニベット(Konibet)公式サイトの登録をご希望の方はこちらをクリックしていただければ入場できます

 

コニベット(konibet)公式サイトは違法?

上記で解説したように、コニベット公式サイトは早くも日本で注目を集めている人気のオンラインカジノです。

しかし、未だコニベット公式サイトに登録していない多くの方は「コニベットの安全性」や「コニベットは違法ではないのか?」という点が気になっているのではないでしょうか。

結論から先に申し上げると、コニベット公式サイトは違法ではありません

なぜコニベット公式サイトは違法ではないのでしょうか。

下記に、コニベット公式サイトが違法ではない理由と根拠をまとめたので参考にしてください。

【コニベット公式サイトが違法ではない理由と根拠】

  • 日本にはオンラインカジノについて取り締まる法律がないから
  • コニベット公式サイトの運営元が海外にあるから

上記の理由からもわかるように、2022年現在、日本ではオンラインカジノに対して取り締まる法律が存在しません。

法律がないんだから、はっきり言って取り締まりようがないのよ!

もう少し掘り下げて解説すると、日本の賭博法には4種類の罪があります。

  • 単純賭博罪
  • 常習賭博罪
  • 賭博開帳図利罪
  • 組織犯罪処罰法

単純賭博罪と常習賭博罪は、日本国内で賭博した人を対象とした罰則です。

一方で賭博開帳図利罪と組織犯罪処罰法は、日本で胴元として賭博を行った人を対象にした罰則と言えるでしょう。

これらの罰則を見ると、コニベット公式サイトのプレイは単純賭博罪や常習賭博罪に該当しそうです。

では、なぜ該当しないかと言うと、日本の法律では賭博の胴元を逮捕・検挙することが目的だからです。

つまり、胴元を検挙する際に伴ってプレイヤーの逮捕もおこなわれます。

しかし、コニベット公式サイトの運営は海外にあるので、賭博開帳図利罪や組織犯罪処罰法は適用されず、プレイヤーも逮捕されないということになります。

海外旅行でカジノに行っても逮捕されないわね?それと同じよ!

これらの事から、コニベット公式サイトは日本国内からでも安全にプレイできることがわかるでしょう。

⇒ コニベット(Konibet)公式サイトの登録をご希望の方はこちらをクリックしていただければ入場できます

 

【注意】日本のカジノで逮捕された事例もある

ここまで、コニベット公式サイトが違法性について解説していきました。

現在の日本の法律では、オンラインカジノについて裁く法律がないので、コニベット公式サイトを安心してプレイできることがわかりましたね!

ですが、その一方で過去にオンラインカジノの逮捕事例があるのも確かです。

なぜ違法性がないのに、過去に逮捕事例があるのでしょうか。

この項では、過去の逮捕事例を参考に、違法なオンラインカジノとそうでないオンラインカジノの見分け方を解説していきます。

 

逮捕事例①東京立川にあるインカジ「Palm CAFE」が摘発

はじめにご紹介する逮捕事例は、東京立川にあったインターネットカジノ店「Palm CAFE」が摘発された事例です。

インカジとは、インターネットカジノの略称で、オンカジ(オンラインカジノ)と語感が似ている事から同一とされやすいですが、実はこの2つは全く意味が違います。

下記にそれぞれが指し示す意味をまとめたので参考にしてください。

特徴
インカジ(インターネットカジノ)
  • 国内に店舗がある
  • 胴元が国内にある
  • 店舗にあるPCを用いてギャンブルを楽しむ
  • 店舗内で金銭(賭け金や配当金)の授受がある
オンカジ(オンラインカジノ)
  • 運営元は海外
  • 無店舗型
  • カジノライセンスを取得している
  • 日本国内での金銭の授受はない

上記からもわかるように、インカジとオンカジの特徴は大きく異なります。

インカジは全国各地で摘発されており、インカジのプレイは日本では賭博法違法に該当します。

店舗でPCを使用しているから「PC=オンラインカジノ?」と安易に考える方もいるようですが、インカジは、ほぼ100%摘発され逮捕に至りますで注意しましょう。

 

逮捕事例②2020年に30名が逮捕された歌舞伎町違法カジノ店

続いてご紹介する事例は、2020年に30名もの人数が逮捕された歌舞伎町のカジノ店です。

このカジノ店は、いわゆる闇カジノと呼ばれる違法店で、歌舞伎町2丁目にある雑居ビルの地下に47台ものスロットを設置して運営していました。

1点あたり20~100円という高レートで賭けさせ、支払いや換金に至るまで全て店内で行っていました。

これにより、責任者数名と客12名も賭博容疑で現行犯逮捕されました。

この事例で注目したいのが、国内で違法賭博をおこなっていたという点です。

闇カジノとオンラインカジノは全くの別物なので、闇カジノが摘発された=オンラインカジノも危ないとはならないでしょう。

事例①でもそうでしたが、国内に胴元があり、店舗で金銭の授受をおこなうカジノは100%違法なので、くれぐれも注意してください。

 

逮捕事例③2016年にプレイヤー3名が逮捕されたスマートライブカジノ

最後にご紹介する事例は、2016年にオンラインカジノで遊んだプレイヤー3名が逮捕された、スマートライブカジノです。

スマートライブカジノは、海外の会員制オンラインカジノであるのにも関わらず、単純賭博の疑いにより国内に住む日本人3名が逮捕されました。

上記の2つの事例とは異なり、運営元も胴元も海外にあるオンラインカジノでは初の逮捕事例であったため、一時は「オンラインカジノがとうとう日本の法律で違法になった?」と騒然としました。

しかし、最終的には不起訴処分に終わっています。

では、何故なんの問題もなかったスマートライブカジノのプレイヤーは検挙されてしまったのでしょうか。

原因は、スマートライブカジノの目玉にありました。

当時、スマートライブカジノは日本人ディーラーを多く採用し、日本人に向けたサービスが非常に充実していました。

この「日本人に特化しすぎたサービス」が問題となり、逮捕に至ったようです。

ですが、その後逮捕という流れが不自然である点と、あまりにこじつけであるという点から、摘発されたプレイヤーの1名が裁判で戦う意向を示しました。

その結果不起訴となり、この事件をきっかけに「オンラインカジノは事実上無実」になったというわけです。

一部ではオンラインカジノの動きをけん制するために、はんば無理矢理事例を作ったと言う話もあるわ!

結果的に不起訴処分になったので、今後もオンラインカジノのプレイは、ほぼ心配する必要はありません。

しかし、スマートライブカジノの事例を踏まえると、あまりに日本人向けすぎるオンラインカジノは避けた方が得策であると言えるでしょう!

コニベットのディーラーには日本人はいないから安心よ!

 

安全なオンラインカジノとそうでないオンラインカジノの見極め方

ここまでオンラインカジノの逮捕事例とともに、コニベット公式サイトをはじめとしたオンラインカジノの違法性のなさを証明していきました。

日本の法律では国外運営のオンラインカジノは裁けないことがわかったわね!

しかし、違法性がないからと言って、何のオンラインカジノでも良いわけではありません。

オンラインカジノを安全にプレイする際にも、オンラインカジノ選びには、下記の点に着目しましょう!

【安全なオンラインカジノ選びのポイント】

  • カジノライセンスの有無
  • サポートが充実しているかどうか
  • 口コミや評判が良いか

それぞれ詳しく解説していきます。

 

ポイント1.カジノライセンスの有無

1点目のポイントは、カジノライセンスの有無を確認するという点です。

カジノライセンスとは、海外政府が発行している政府公認のライセンスの事を言います。

オンラインカジノを運営するためには、必ずカジノライセンスを取得する櫃と陽があるのよ!

取得難易度は非常に高く、取得できるのは潤沢な資金と健全な運営をしている企業のみです。

更に、ライセンスを持ち続ける為には、常に厳しい第三者機関の監査も必要なので、詐欺や夜逃げをおこなうような安全性の低い企業には到底取得できないことが分かるでしょう。

以上の事から、オンラインカジノを選ぶ際には、必ずカジノライセンスを取得しているサイトを選択しましょう。

コニベット公式サイトでは、非常に知名度と取得難易度の高いキュラソーライセンスを取得していますよ!

コニベットならとっても安心ってことね!

 

ポイント2.サポートが充実しているかどうか

2点目のポイントはサポートの充実さです。

オンラインカジノは、運営が海外にあるという特性上、どうしてもサポート面に不安要素が残ります。

日本人向けのサポートを記載してあっても、的を得ない解答や、翻訳機にかけたような不自然な日本語での解答が多く、サポートの意味をなしません。

しかし、コニベット公式サイトは「24時間ライブチャット」「LINEでのお問い合わせ」「メールサポート」の2つの問い合わせ方法に24時間対応しています。

サポートの品質は非常に良く、日本語も不自然ではありません。

実際にライブチャットを利用してみたところ、2~3分で返信があったのでスピードも抜群と言えるでしょう。

サポートの丁寧さ・迅速さに拘りたい人にもコニベットはおすすめってことね!

 

ポイント3.口コミや評判が良いか

最後に挙げられるポイントは、口コミや評判の良さでオンラインカジノ決めるという点です。

昨今では、SNSやネットの普及から、気軽にオンラインカジノの口コミが見られるようになりました。

口コミを参照すればサポートの評判が悪いサイトや、出金までのスピードが遅いサイトが一目瞭然なので、ぜひオンラインカジノ選びの参考にしてみましょう。

下記に、コニベット公式サイトに関する口コミを引用したのでご覧ください。

是非口コミを参考に、安全なオンラインカジノを探してみてください。

 

コニベット公式サイトは安全で違法性もなし!$20の入金不要ボーナスでお得にプレイを

当記事では、コニベット公式サイトの安全性や違法性について詳しく解説していきました。

コニベット公式サイトでカジノゲームを楽しんでも、現在の日本の賭博法では取り締まれません。

胴元も運営も海外にあるので、日本の法律は適用されず、海外旅行の際にカジノを楽しむような気持ちでプレイできます。

しかし、全てのオンラインカジノが安全という訳ではありません。

ライセンスを取得していない違法カジノや、日本に胴元のあるオンラインカジノやインターネットカジノは賭博法の刑罰の対象となるでしょう。

安心してオンラインカジノをプレイしたいのなら、ぜひコニベット公式サイトに登録してみてください!

コニベット公式サイトでは、新規登録者全員を対象に$20もの入金不要ボーナスを進呈中よ!下のページから今すぐ登録して頂戴!

⇒ コニベット(Konibet)公式サイトの登録をご希望の方はこちらをクリックしていただければ入場できます

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました